精神科、心療科、女性外来のことなら女性医師が診療する愛知県名古屋市のLUNA大曽根心療科へ

ごあいさつ

‘LUNA’とは、「月」や「(ローマ神話の)月の女神」を意味する言葉です。 月に対する考え方は古今東西様々で、狩猟や豊穣の神としてあがめられられたり、狂気をもたらすものと畏れられたりしました。
太陽の次に明るく大きく見える天体であることから、太陽と比較して「太陰」とも呼ばれ、陰の象徴としての女性に関連付けられることもありました。
また、月自体の重力が、太陽と共に地球の潮の満ち干きを生み出し、生命の誕生や進化に大きく影響を及ぼしたり、地球の地軸の傾きを支え、気候変動の安定にも関係している事がわかってきています。

私たちスタッフは、大きく丸い満月を‘満ち足りた心’として考えました。
かつて、月の満ち欠けから「太陰暦」が作られましたが、私たちそれぞれが、人生の暦をめくっていくと、四季折々、それぞれの喜怒哀楽に彩られた「心の月」に出会うのではないでしょうか。
…へこんだ月もやがては満月へと変わっていける。
 太陽の光を反射するだけではない月独自の力や可能性を信じて…
治療者として・援助者として、患者様ひとりひとりにそっと寄り添っていきたいと考えています。

  • 院長紹介 LUNA大曽根心療科
  • 臨床心理士によるカウンセリング 
  • ルナ大曽根心療科連携機関